プレスリリース

2022.09.16プレスリリース,その他

Enterprenuership World Cup (EWC) 日本大会、 建ロボテックが日本代表に選出されました!

「世界一ひとにやさしい現場を創る」をミッションに、建設現場の省力化・省人化を実現するロボットソリューションを提供する建ロボテック株式会社(本社:香川県三木町 代表取締役社長兼CEO眞部達也、以下、建ロボテック)は、Enterprenuership World Cup (EWC) 日本大会において数多くの応募企業より選ばれた7社でピッチコンテストを行い、見事日本代表3社に選出されたことをお知らせします。

■Entrepreneurship World Cup(EWC) とは

EWCは200カ国が参加する起業家支援コミュニティGlobal Entrepreneurship Network(GEN)が主催する全世界を対象とした世界最大級の最も多様なスタートアップアクセラレーションプログラム&ピッチコンテストの1つになります。アイデア・アーリー・グロースのあらゆるステージ全てのスタートアップを対象としており、任意のステージを選択し応募できます。

 

EWC各国の代表者は、アクセラレーションプログラムに参加することが可能です。さらに、TOP100に選出され、サウジアラビアで開催されるEWC世界大会へと招待されます。

世界大会概要:https://www.genglobal.org/ewc

 

■建ロボテックが日本代表3社に選出

2022年9月14日に開催されたEWC日本大会は、応募があった日本に拠点を置くスタートアップ企業の中から選ばれた7社がピッチコンテストを行い、日本代表となる3社を選出しました。

 建ロボテックはアーリーステージに応募し、海外営業責任者によるピッチコンテストの結果、見事日本代表3社のうちの1社に選出されました。

建ロボテックは2023年1月に各国の代表250社が参加するアクセラレーションプログラムに参加し、ファイナリストTOP100を目指します。さらに、2023年3月にサウジアラビアにて開催されるEWC世界大会(最終選考)においても優秀な成績を残せるよう準備してまいります。

これらの取組により、当社の海外での知名度向上を図り、トモロボの海外展開に寄与できるものと確信しています。

 

■本プレスリリースPDF

建ロボテックが目指す姿
トモロボ開発の背景

詳しく見る

人とともに働くロボット
省力省人化ソリューション